シンフォニーライティング

  • 2018.12.13 Thursday
  • 16:30

JUGEMテーマ:ニュース

今回は、「パナソニック」の「シンフォニーライティング」について、「パナソニック」の動画を通して「ライティング」の考え方を紹介します。

 

「ワオ」くんと「バク」くんの「あかりのお話〜シンフォニーライティング」の動画で紹介します。

 

 

「ワオ」くんと「バク」くんで、詳しくあかりについて説明をしていますので、分かりやすいと思います。

 

次の動画は、ショールームを使用しての説明をしている「シンフォニーライティングの解説」の動画です。

 

 

「ショールーム」を使用しての動画ですので、実際のあかりに近い状態で、配置に関しても分かりやすいので大変参考になると思います。

ここでは、「スタイル別プラン」でのあかりの説明を3プランで行っています。照明器具のタイプ別です。

     01 ダウンライトプラン

     02 ペンダントとブラケットプラン

     03 建築化照明プラン

以上の3プランのタイプの「あかり空間」を紹介しています。

そして、「リビング」と「ダイニング」のを中心としたと廻りのあかりによる方法を4つのステップに分けて紹介しています。

     step1 リビング「中心のあかり」

     step2 ダイニング「中心のあかり」

     step3 リビング・ダイニングの「まわりのあかり」

     +α   低い位置のあかり

さらには、「ニーズ別プラン」で、使用した器具の紹介もしています。

    

次の動画は、「シンフォニーライティング〜あかりって意外と大切?!編」で「あかりの大切さ」を紹介しています。

 

 

照明器具を多灯した時の設置コストのインシャルコストの心配に対して、「パナソニック」は比較をしています。

 

シンフォニー1

 

同様に、ランニングコストの心配に対しても、「パナソニック」は比較をしています。

シンフォニー3

最後に、あかりの組み合わせ方や、あかりの灯し方について、具体的な説明を「シンフォニーライティングからシンフォニーライティング〜」の動画で紹介しています。

 

 

ここからは、「シンフォニーライティング」の考え方による、「パナソニック」の「照明計画」の紹介をします。

シンフォニー1

上の計画の説明は、「中心と廻りのあかり」の考え方を4つのステップで紹介した方法です。

 

上記の方法で配置した照明の点灯で、次のような「あかり空間」を演出します。

 

 01 だんらんのあかり

シンフォニー団らん
リビング中心に集いのあかりを設けて、全体的に明るめにします。

 02 くつろぎのあかり

 

シンフォニーくつろぎ
全体の明るさを抑えて、低い位置のあかりを効かせます。

 03 食事のあかり

シンフォニー食事
全体の明るさを抑えて、低い位置のあかりを効かせます。

 04 シアターのあかり

 

シンフォニーシアター
暗めにしつつも、目が疲れにくいように背面のあかりは残します。

以上の4つの「あかり空間」を楽しむことが出来ます。

 

このように、照明を多灯してさまざまな「あかり空間」を楽しむのも良いのではないかと思います。

 

今回は、「パナソニック」HP他を参考に紹介しました。

 

☆参考

 

  ○ダウンライト                               

       

LGB74302LB1       LGB73372LB1       LGB73402LE1 

 

  ○ダウンライト     ○フロアーライト      ○ペンダントライト

              

LGB73402LE1        SF251B          LGB15035K  

 

 

 

 

住まいのあかり(ダイニング2)

  • 2018.12.07 Friday
  • 09:45

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

今回は、「ペンダントライト」の調光による「ダイニングの照明計画」ではなく、照明器具を多灯して明るさを変える方法を紹介します。

 

「ダイニング」における「照明計画」を、使用ライトの点灯、消灯によって演出する「あかり空間」の状態で、「照明計画」の方法を紹介します。

 

基本は、「ダイニングルーム全体」を明るくする方法を「シーリングライト」を使用しないで、「ダウンライト」の配灯によって室内を明るくする「あかり空間」です。

 

ダイニング1

 

「ダウンライト」の配灯は、実際の照度によって灯数を決めることが重要であるが、全体的に明るい空間を演出するので、食事をすることが出来るが、単調な「あかり空間」になりやすい。しかし、「昼白色」ライトを使用することで、「ダウンライト」の点灯による読書や勉強に適した「あかり空間」にすることが出来る。

 

「ダウンライト」を消灯して、テーブル中央の「ペンダントライト」を点灯した時の食事シーンの「あかり空間」です。

 

ダイニング2

 

「ペンダントライト」をダイニングテーブルの中央で照らすことで、テーブルの上の食物の色が鮮やかなになり、食欲を増す効果がある。それによって、家族団らんの食事や夫婦、友達でのお酒を飲む等のシーンに適した「あかり空間」となります。

 

「ペンダントライト」の点灯だけでは、暗く感じる時は、補助として「スタンドライト」を点灯してさらに明るさを増した食事シーンの「あかり空間」です。

 

ダイニング3

 

「ペンダントライト」と「スタンドライト」によって、天井面が明るくなることによって、部屋全体の明るさが増して食事に適した「あかり空間」になります。

 

「ペンダントライト」を消して、「スタンドライト」のみ点灯して、部分的な明るさを演出した「あかり空間」です。

 

ダイニング4

 

「スタンドライト」の点灯だけの「あかり空間」は、TVや音楽等の鑑賞に適した「あかり空間」になります。

 

ここからは、「間接照明」を追加した「あかり空間」を紹介します。

 

「キッチン」との境に設けてある間仕切り壁上部に設置した「間接照明」だけ点灯した時の「あかり空間」です。

 

ダイニング

 

「間接照明」だけでは、食事に適した明るさではないが、ここで以前紹介した「石井幹子」氏の「あかり空間」(下の写真)にならって、テーブルの上に「ろうそく」などを置いて明るさを増す方法がある。

 

石井幹子

 

「間接照明」の他に、テーブル中央の「ペンダントライト」を点灯することによって明るさを増した食事シーンの「あかり空間」です。

 

ダイニング

 

「間接照明」と「ペンダントライト」で、充分なあかるさをとることで、食事シーンの「あかる空間」が完成します。

 

「ペンダントライト」を消灯し、「間接照明」と反対側にあるスタンドを点灯した場合の「あかり空間」を演出しました。

 

ダイニング

 

ダイニングテーブルの上が暗くなり、どちらかと言えば、テレビや音楽鑑賞シーンの「あかり空間」として使用できます。

 

最後の、「ダウンライト」と「間接照明」の両方を点灯して時の「あかり空間」を紹介します。

 

ダイニング

 

このように、照明器具を多灯することによって、前回紹介した「ダウンライト」の調光だけより広い範囲で「陰影」が生じて、豊かな「あかり空間」を演出することが出来ます。

 

実施の際は、「照明器具」の特徴と照度を確認して配置を計画することをお奨めします。

 

今回は、「暮らしの照明」他を参考に紹介しました。

 

☆参考

 

○暮らしの照明    ○美しい「あかり」を   ○石井幹子 光時空

                 求めて           

 

          

 

 

 

 

 

住まいのあかり(ダイニング)

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 20:06

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

「ダイニング」は、食事だけでなく、家族団らんなどでも使用される多目的スペースである。そのためにも、「照明計画」は、重要である。基本的事項は、「暮らしのあかり」に譲ることにして、ここでは、「ダイニングのあかり」を「パナソニック」のペンダントライトの画像で紹介します。

 

「ダイニング」の明かりは、第一の目的が、食事をする時に食べ物がおいしそうに見えて、食欲が増す効果があることである。しかし、煌々と明るい状態だけの「あかり」では、食事をするための雰囲気が出てこない。「あかり」によって食べ物がおいしく見え、食欲をそそられることも重要であるが、食事をするために雰囲気を演出する効果もまた重要である。そのためのも、あかりには充分な配慮が必要である。

 

ひと昔前の家庭の「ダイニング」は、食事だけでなく、子供が勉強する場所でもあった。最近までは、子供達に子供部屋を与え、そこで勉強するのが当たり前であったが、最近の傾向として、「ダイニング」で勉強する子の方が、成績の良い子という情報によって、再び「ダイニング」で勉強する子供のいる家庭が多くなった。そのためにも、メーカーの照明器具のように、勉強に適した「あかり」に調光することが可能になった。

 

「パナソニック」の「ペンダントライト」は、調光によって「昼白色(K5000)」にしたり、「電球色(K2700)」にしたりすることが出来る。

 

今回紹介する画像は、「パナソニック」から発売されている「ペンダントライト」の二つの「あかり」の調光画像です。

 

1、空間をやさしく演出する、やわらかなフォルム

 

このペンダントは、非常にシンプルなフォルムで、素材の美しさを強調していて、 ナチュラルテイストな空間に適しています。

 

ペンダント0011
ペンダントライト(LGB10562LU1)

 

「LGB10562LU1」の「ペンダントライト」の二つにパターンの「あかり」の画像です。

 

ペンダント011

 

2、宝石をイメージしたきらめきで、空間を彩る。

このペンダントは、透明感のある肉厚ガラスを立体的な面で構成し、美しいきらめきのある「あかり空間」を演出します。

 

ペンダント0012
ペンダントライト(LGB10763LU1)

「LGB10763LU1」の「ペンダントライト」の二つにパターンの「あかり」の画像です。

 

ペンダント012

 

3、ゆったりとしたフォルムに、繊細さをまとったデザイン。

このペンダントライトは、なめらかな艶が美しいギョクガラスを採用し、ボリューム感のある安定したフォルムに和の繊細さを感じさせる縦リブを施したデザインのランプです。

 

ペンダント0013
ペンダントライト(LGB10564LU1)

「LGB10564LU1」の「ペンダントライト」の二つにパターンの「あかり」の画像です。

 

ペンダント013

 

4、和の空間になじむ質感にこだわったあかり。

このペンダントライトは、スタンダードな円筒デザインに、不透過カバーをプラスして、シンプルさの中に、味わい深いテクスチャーが浮かび上がらせたデザインのペンダントです。

 

ペンダント0014
ペンダントライト(LGB10565LU1)

「LGB10565LU1」の「ペンダントライト」の二つにパターンの「あかり」の画像です。

 

ペンダント0014

 

5、リゾートテイストのインテリアに合う葉の抜き模様。

 

このペンダントは、バリ島の透かし彫りをアレンジした模様で、透かし部分より抜けた光によってシルエットが、幻想的に浮かび上がるデザインのペンダントです。

 

ペンダント0015
ペンダントライト(LGB10776LU1)

「LGB10776LU1」の「ペンダントライト」の二つにパターンの「あかり」の画像です。

 

ペンダント015

 

ここまで紹介した「ペンダントライトのあかり」は、2種類の「あかり」の画像を紹介しました。調光の程度によって同じ「電球色」の「あかり」でも、用途のが異なる空間の演出することが出来ます。

 

「ダイニング」のあかりで、夕食時の一家団らんのあかり(右下の写真)からバータイムの夫婦の憩いのあかり(左下の写真)へ調光をすれば、より親密な雰囲気を演出する効果があるので、それによって「あかりの空間」を楽しむことが出来ます。

 

ダイニングpa-2
ペンダントライト(LGB10750LV1)

このように、「ペンダントライト」によって、「ダイニング」のあかりで様々な空間演出が可能になります。これに「間接照明」や「スタンドライト」、「デスクライト」などを多灯することで、さらに広がった「あかり空間」を楽しむことが出来ます。


それでは、以前にも紹介した照明デザイナー「石井幹子」の自宅の「ダイニングの照明」を紹介します。

 

ダイニング(石井)


彼女は、「ダイニングのあかり」について、「キャンドルの食卓で贅沢なひとときを味わう」といって「キャンドル」を勧めています。この場合は、天井に「間接照明」をとってあることが必要で、その「間接照明のあかり」とテーブル上の「キャンドルのあかり」で充分に確保することが出来ます。彼女にとっては、このあかりの空間で白ワインを飲むのが一日の楽しみになっていて、優雅なひとときを「キャンドルのあかり」で過ごすことをお奨めしています。


ちなみに、彼女は、初め特注のペンダントを吊っていたが、傾斜した天井の空間とあわないので、外してしまったようである。
「ダイニングのあかり」を決めるときに、「キッチンのあかり」や「リビングのあかり」の干渉を受けるので、トータルで配光することも必要である。

今回は、「暮らしの明かり」、「パナソニックのH・P」他を参考に紹介しました。

☆参考

○暮らしの照明     ○光が照らす未来   ○新・陰翳礼讃 

 

        

 

 

住まいのあかり(リビング)

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 20:48

 

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

「暮らしの照明計画」シリーズで、住宅の照明計画を以前紹介しましたが、今回は新しく「住まいのあかり空間」として再度住宅の「あかり」を紹介していきます。

 

住まいの空間で、特に「リビング」は、「家族団らん」から「夫婦の憩い」等の「リビング」の使用用途が多肢にわたる空間であることから特に「照明計画」が重要になって来ます。そのためにも、計画的な配置によって用途に応じたあかりが得られるようにする必要があります。

 

現在は、各メーカーによって「シーリングライト」ひとつで、様々なあかりのシーンを作ることが出来るようになっています。しかし、複数の異なった照明の配灯によって得られるあかるさには、あかるさシーンの変更可能な「シーリングライト」にない「陰影のあるあかり」を得ることが出来ます。

 

「あかり空間」を分かりやすく紹介するために、基本的な照明である「シーリングライト」の全般照明の「照明計画」のあかりを紹介し、次に部分照明の「ダウンライト」、「スタンドライト」を使用した「照明計画」のあかりを紹介します。

 

初めに、全般照明として「シーリングライト」をリビングのセンターに配置し、点灯した場合の「あかり空間」です。

 

リビング照明1

 

「リビングルーム」の配灯方法でもっとも一般的な「照明計画」です。全体的に明るさのある空間になりますが、照明による演出効果が少なく、単調な明るさになり昼間のあかるさと同様の感じがある。「家族団らん」等の用途に適した「あかり空間」である。

 

次は、「シーリングライト」を消灯し、壁際と窓際に配置した「ダウンライト」2列を点灯した場合の「あかり空間」です。

 

リビング照明2

 

「シーリングライト」の点灯より若干暗いが、全般照明に近い明るさである。やはり、部分的に暗い部分が生じるが、落ち着きのあるあかるさを演出することが出来る。「シーリングライト」の代わりに使用し、「家族団らん」等の用途に適している。

 

2列の「ダウンライト」の窓際の1列を消灯し、壁際の1列だけ点灯した場合の「あかり空間」です。

 

リビング照明3

 

収納棚のある壁側が明るくなり、窓際の若干暗くなります。さらに、暖炉部分の棚下の照明も点灯し暖炉前を明るくします。基本的には、テレビ鑑賞や暖炉のあかりで「家族団らん」のひとときを過ごす時に有効なあかるさである。

 

次の場合は、「ダウンライト」を全部消灯して、「フロアースタンド」のみ点灯した場合の「あかり空間」です。

 

リビング照明4

 

この場合は、「フロアースタンド」廻りと天井が明るくなり、ソファーでくつろいで「家族団らん」より「夫婦団らん」でひとときを過ごす時の雰囲気のある明るさである。夫婦で食事をしても良し、お酒を楽しんでも良い明るさである。

 

最後は、壁際の「ダウンライト」と、「スタンドライト」を点灯させた場合の「あかり空間」です。

 

リビング照明5

 

「ダウンライト」と「スタンドライト」の点灯で、全般照明の「シーリングライト」に近くなる。この場合は、「スタンドライト」によって天井面が明るくなり、視覚的にもリビング全体が明るく感じる。

 

このように、照明の組合せによって、部屋があかりによって空間が豊かになります。出来るだけ「シーリングライト」1灯にこだわらず、多灯配置計画することをお奨めします。

 

最後に、それぞれのあかりのスイッチは、エリアごとや用途ごとに点灯・消灯が出来るように回路を分けを行い、点灯・消灯の組合せによって、「あかり空間」のパターンを演出することをお奨めします。さらには、調光が可能なように調光スイッチを設置することもお奨めいたします。

 

3D画像のために、実際の明るさと異なります。実施の際は、器具の選択等を含めて確認をして配灯することをお奨めいたします。

 

☆参考

    ◎シーリングライト  

○アイリスオオヤマ       ○パナソニック       ○NECライティング  

      

    ◎ダウンライト

○パナソニック        ○コイズミ照明         ○東芝ライテック

 

        

 

    ◎フロアースタンド

 

○タリアセンラン       ○イケヤ        ○東京メタル工業

 

        

LED照明の導入と節電

  • 2018.08.20 Monday
  • 05:11

JUGEMテーマ:ニュース

 

LED照明導入後の効「節電効果」は、充分にあると思うが、今回は、さらに「節電効果」を進めるための方法を紹介します。

 

その一つとして、今までの蛍光灯、LED照明に関係なく、「節電効果」が見込める「タスクアンビエント照明」の方法です。

 

A,タスク・アンビエント照明

 

「タスク・アンビエント照明」とは、「アンビエント」(周囲環境)照明として控え目の照度で室内全体を照明し、「タスク」(作業)照明として局部的に作業面を明るく照明する方法のことである。

タスクアンビエント

「従来照明」でのオフィスの場合では、天井全体に配置された照明によって、昼夜を問わず、部屋の全体の明るさを均一に照らされている。これに対して「タスク・アンビエント照明」では、デスクワーク等の作業のための手元の明るさを「タスク照明」で確保し、部屋全体の明るさは、暗さを感じない程度の明るさに保つ「アンビエント照明」によって照明する方法である。下の表は、タスクエリアの照度を保つように照明した比較表である。(山田照明)

 

タスクアンビエント2

上の表の比較で分かるように、「従来照明」より消費電力で約40%の「節電効果」を生む方法である。この場合、タスクライトとしてLED照明を使用していることも効果に表れている。

 

次は、オフィスのような場合は、昼間の明るい時に窓からの光によって窓際と中央部では明るさが異なるために、同じ照度の照明を全て点灯する必要がないことから、「調光スイッチ」を使用して照度を調整する方法がある。

 

B、調光スイッチによって調整する方法

 

外部の光の入り具合によって、特に窓際の照明を「調光スイッチ」で照度を調整することで消費電力を下げる方法である。(パナソニック)

調光スイッチ

昼間の明るい時に、外からの光の入り具合によって窓際の照明を「調光スイッチ」で照度を調整することは、非常に有効な方法ではあるが、広いオフィスを外部からの光によってこまめに調光するには、人の手で行うために、難しいうえに煩わしい面がある。

 

そこで、お奨めなのが、自動制御センサーを使用する方法である。

 

C、自動制御センサーによって調光する方法

 

自動制御センサーには、「明るさセンサー」、「人感センサー」の2種類の方法がある。

 

機◆嵬世襪汽札鵐機次

 

「明るさセンサー」は、センサー周辺の明るさを検知するセンサーである。

明るさセンサー1

「明るさセンサー」の検知範囲内の床面や机上面などからの反射光を入射光量として記憶し、その光量が常に一定になるように照明器具の光出力を自動的に調節することによって、明るさを一定に保つ働きをします

 

明るさセンサー2

昼間の外光の反射光が多くなれば、照明の明るさを抑えられるようになり、「節電効果」が大きい。


供◆嵜祐競札鵐機次

 

 「人感センサー」には、検知の方法によって「熱線センサー」、「電波式センサー」、「画像センサー」の3種類のセンサーがある。

 

 -1、「熱線センサー」

 「熱線センサー」は、人体から放射される赤外線を検知する方式のセンサーである。その他に、「PIR(Passive Infrared)セン

  サー」と呼ばれている。その動作原理は、人が検知エリアに入ったときに、人の輻射熱による赤外線と、廻りの床や壁などの

  赤外線との温度差(約2〜3℃以上)に反応して、人の動作を感知する。

熱線センサー

 

 

 -2、「電波式センサー」

 「電波式センサー」は、ドップラーモジュールによる動体検知を行って感知する方法です。このセンサーからマイクロ波(24GHz

  帯)を発信して、空間内の物体に当たり反射してきた電波をセンサ内蔵のアンテナにて受信し、電波を反射させた物体が移動し

  た場合に発信した電波と受信した電波に物体の移動速度に応じた周波数の変化が生じる。この現象をドップラー効果といい、

    これを応用したドップラーモジュールを用いのが「電波式センサー」であり、送信波と反射波との周波数差を利用して、ひとの

  移動、ドアの開閉を感知する。

電波式センサー

 

 -3、「画像センサー」

 「画像センサー」は、画像素子を利用して人の存在や行動、または空間の明るさを検知して行う方法である。その動作原理は、設

  置空間を画像で取り込み、その画像の時間変化を解析して人や明るさを検知します。

画像センサー

これらの「自動制御センサー」の実施器具事例を次に紹介します。

 

D、自動制御センサーの実施器具事例

 

機◆嵬世襪汽札鵐機次廚亮損楷鏘饂例

調光タイプ   

  おすすめ用途は、人の移動の少ない執務室などです。

   特長は、 まわりの明るさに応じて適正照度に調光します。

   調光の結果、

   (a) ランプ交換時の照度アップを自動的に抑制し省エネル

      ギーを実現 する。

   (b) 外光の明るさを検知して調光し、適正照度を確保しな

      がら省エネルギーを実現 する。

   (c) ルーバーなどのオプション取付時も自動的に出力アッ

      プして同じ明るさを確保する。

   

    明るさの変化がゆるやかに行うので、在室者に気づかれずに

   省エネルギーができて、快適性を確保することができる

 

 

 

供◆崘線センサー」と「電波式センサー」の実施器具事例

 

  1、「ひとセンサー点滅タイプ」

点滅タイプ     おすすめ用途は、化粧室、ロッカーなどです。

      特長は 、人を検知して点灯 し、消し忘れを防止して、

      確実に省エネルギーを実現 する。

      点灯保持時間:

        3分(人の動きが大きく、センサ検知範囲の

        カバー率が高い所)と6分(人の動きが小さく、

        センサ検知範囲のカバー率が狭い所)の切

        り替えにより、場所に応じた自然な制御の選定が

        できる。(電波式は1分のみ)

 

  2、「ひとセンサー段調光タイプ」

段調光タイプ     おすすめ用途は、見通しのできる、人の移動の少ない廊

     下などです。

      特長は、人を検知して100%点灯し、人がいない時は

      25%に調光し、安全性を確保しながら省エネルギー

      を実現 する。

      点灯保持時間:

        10秒、1分、6分 の3段階の選択ができる。

        (電波式は1分のみ)

 

掘◆峅菫センサー」の実施器具事例

 

画像タイプ     おすすめ用途は、離席率の高い執務室などです。

      特長は、器具最適個別制御による高省エネ率 (グルー

      プ単位での制御ではなく、器具一台ずつ個別に制御)

      ・滞在時は、じっとしていても減光をしない 。

      ・不在認識後にすぐに減光 をする。

      ・移動、滞在、不在を区別することができるために、

       それぞれに状況に応じた制御が可能 である。

      ・不在時の調光率と移動時の調光率を同じ設定にする

       ことで周囲の在席者への煩わしさを防止 できる。

      ・使用状況に応じた明るさセンサー機能への変更が可

       能である。

 

このように、LED照明の導入後でも、「節電効果」が得られる方法がありますので、節電のためにこれらのことを検討して見ることお奨めします。

 

今回は、「パナソニック」、「山田照明」他を参考に紹介しました。

 

☆参考

 

※パナソニック製品

 

○調光スイッチ(C WTP57521WP)

 

 

○明るさセンサー付(直付XLX460DANZ LE9)

 

○ひと(熱線)センサー付(XLX410KNNZ LE9)

 

 

○ひと(電波式)センサー(XLF213NTN LE9)

 

 

○ひと(画像)センサー付き(NNL4600ENZ DZ9)

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

ヤマギワの照明

ルームズ大正堂

楽天おすすめ商品

北海道小樽のスイーツ ルタオ

JALパック JALSKI

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM