リサ・ヨハンソン・パッペの照明

  • 2018.06.14 Thursday
  • 09:29

JUGEMテーマ:照明デザイナー

「リサ・ヨハンソン・パッペ」は、1907年フィンランド生まれで、「セントラル スクール オブ アーツ アンド クラフツ」を卒業した。1937年より「ストックマンデパート」のインテリアデザイナーとなり、1942年よりフィンランドの「ストックマン・オルノ」社で照明器具のデザイナーとして活躍した。ホーローやアクリル、ガラス等を用いた彼女のデザインは、常に高い機能性と実用性を持ち合わせていて、「フィンランド照明学会」創設者の一人であり、北欧を代表する照明デザイナーである。

1947年に、彼女の名前がつく「リサ・ヨハンソン・パッペ」のペンダントライトには、「リサS」と「リサL」のペンダントライトがある。

「リサS」ペンダントライトには、「リサ270」(下の写真)の名前でも販売されている。シェードの径が、約270mmの大きさである。

リサS

同様に、「リサL」ペンダントリトには、「リサ450」(下の写真)でも販売されている。シェードの径が、約450mmである。

 

リサL

「リサ・ヨハンソン・パッペ」のペンダントライトは、シェードに施されたリズミカルなパンチング加工が軽やかであり、点灯時に繊細な光がこぼれてくるのが魅力的である。シンプルなフォルムのシェード内側には白い塗装が施されており、やわらかな光を均一に拡散する。

 

「シプリ」(下の写真)ペンダントライトは、デザイン当時には「イッタラ」社でガラスシェードが製造されていたが、現在は「イノルクス」社がフィンランドで製造している。

 

シプリ

 

「シプリ」は、フィンランド語で「玉ねぎ」の意味を持つており、「シプリ」のシェードは、型を使って吹いて作られるオパールガラスであり、表面はサンドブラスト加工が施されていて、マットな質感とやわらかい灯りであり幻想的である。

「シプリ」ペンダントライトは、1954年のミラノトリエンナーレで金賞を受賞し、彼女の代表作となった。

1956年には、フィンランド語で「理想的な」という意味の名を持つ「イハンネ」(下の写真)ペンダントライトは、半世紀にわたってフィンランドの家庭で愛されている北欧を代表する逸品である。

 

イハンネ

「イハンネ」ペンダントライトは、構造的にはシンプルであるが、照明器具としての機能性を重視してデザインされている。内側のシェードは、優れたアンチ・グレア性能を持つアクリル製であり、それになめらかなラインのアルミシェードが重なり、内側の白い塗装の効果などで均一的な光を拡散して、落ち着いた雰囲気の明かり空間を醸し出します。


1950年〜1959年頃にデザインされ「バウボ」(下の写真)ペンダントライトは、「シプリ」ペンダントライト同様に、デザイン当時は「イッタラ」社でガラスのシェードが製造されていたが、現在は「イノルクス」社がフィンランドで製造している。

 

バルボ

「バルボ」ペンダントライトも、「シプリ」同様に、型を使って吹いて作られるオパールガラスの美しいシェードであり、表面はサンドブラスト加工が施されいるので、マットな質感で、やわらかく灯るデザインのペンダントライトである。

 

今回は、「メトロクスのオンラインショップ」他を参考に紹介しました。

 

☆参考

 

○「シプリ」ペンダントライト

 

 

○「イハンネ」ペンダントライト

 

 

○「リサ270」ペンダントライト

 

ハッリ・コスキネンの照明

  • 2018.05.31 Thursday
  • 16:49

JUGEMテーマ:照明デザイナー

 

「ハッリ・コスキネン」は、1970年にフィンランドで生まれ、「ラティ・デザイン学校」を経て、「ヘルシンキ美術デザイン大学」を卒業した。彼は、学生時代からフリーデザイナーとしてフィンランドのインテリアデザイン企業「イッタラ」社等と仕事をし、その才能を発揮して国際的に注目を集めているデザイナーです。彼を有名にした作品に、1996 年にデザインされた「ブロック・ランプ」(下の写真)がある。 

 

ブロックランプ

 

1998年ミラノ・サローネで発表され、スウェーデンブランドの「デザインハウス・ストックホルム」社が製品化したこのランプは、MoMA の永久コレクションに加えられ、また数々の国際的アワードを受賞した。

1999年に、フィンランドのインテリアデザイン企業「イッタラ」社から「ランタン」(下の写真)が発売された。

 

ランタン

 

クラシックなランタンは、彫刻を施したキャンドルホルダーとして設計されが、2013年に電気を使用したランタンとしてアップデートした。(下の写真)

 

ランタン2

 

このランタンの象徴的なノーザンライトを棚や、扉の間等の様々な空間の置くことで、仄かな光を醸し出して、空間を豊かにすることができる。

2006年に、デンマークのインテリアブランド「ムート」社から「コージー・イン・グレイ」(下の写真)が発売された。

 

コ―ジーイングレイ

 

このテーブルランプは、淡いグレーのガラスシェードによってクリアランプの眩しさを抑え、フィルター効果によってオブジェのように仄かな光を演出する。

2012年に、フィンランドのアパレル企業の「マリメッコ」社から「ヴァロイサ」(下の写真)が発売された。

 

ヴァロイサ

 

このテーブルランプは、 2つのガラスシェードで構成され、透明なベースと、着色された色合いを介することで、快適な柔らかな光を放つようにデザインされている。

2015年に、フィンランドの「ショールームフィンランド」社からペンダントライトの「リスティコ」(下の写真)が発売された。

 

リスティコ

 

この「リスティコ」は、彫刻のような最小限のバーチ合板でシェードを形造ったデザインのランプである。「ショールームフィンランド」のために新しい照明の始まりをつくった。

 

今回は、「ハッリ・コスキネン」HP他を参考に紹介しました。

 

☆参考

 

ムーミン ランプ フィーリスヘルシンキ Feelis Helsinki 北欧 ライト インテリア LED お洒落 ランプ ハッリ・コスキネン【父の日 ギフト プレゼント ラッピング無料】

 

 

 

アリック・レヴィの照明

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 05:12

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

「アレック・レヴィ」は、1963年にイスラエルに生まれ、多方面で活躍される世界的アーティストです。

1988年にイスラエルからヨーロッパに拠点を移し、スイスの「アートセンターユーロップ」でインダストリアルデザインを学んだ。

1995年には、「ピッポ・リオンニ」と「L.Design」を設立した。

1998年に、リサイクルボード紙でハニカム構造のシリンダーをつくってペンダントライトの「ニード」(下の写真)をつくった。

ニード

「ニード」は、美術館コレクションとして、イスラエル美術館、ニューヨーク近代美術館、ポピドゥセンターなどで展示された。この「ニード」には、フロアーランプもある。

2005年に、フランスの「ムーブメント・モダン」社のために、「ハンドシェイク」ペンダントライト(下の写真)をデザインしました。

 

ハンドシェーク

 

「ハンドシェイク」は、弾丸をモチーフにしたような陶器製のシェードに無数の穴が開いている。どちらかと言えば、卵の殻のようなフォルムをしたデザインであり、フロアーランプなどもある。

2007年に、ドイツの照明メーカー「アンソルグ」社から「クラッシク」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

クラッシク

 

「クラッシク」は、透明な球体のシェードのランプで、電球を大きくしたようなデザインのフォルムである。シンプルにガラスを透過した光で廻りを照らしてくれる。

2007年に、フランスのラグジュアリーブランド「バカラ」社から「トーチ」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

トーチ

 

「トーチ」は、アクセントとなるホワイトのシェードのクリアクリスタルとメタルの調和が、シャンデリア本来のクラシック的なフォルムでロマンティックな魅力を演出するが、モダンなライフスタイルにも調和するコンテンポラリーな空間を生み出す。

2013年に、フランスの照明メーカー「フォレスティア」社から「ボディレス」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

バンブーライト

「トーチ」は、交差した黒とピンクの鉄の糸でフォルムを形成し、織物によるフィルタリングされた光によって、ゆったりとした雰囲気の光りを放ちます。このランプにも、フロアーランプ等があります。

2014年に、フランスの照明メーカー「フォレスティア」社から「コンビネーション」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

コンビネーション

 

「コンビネーション」は、ガラスのディフューザーを備えた鉄のフレームで構成されていて、3色のディフューザーの他に、フロアーランプもあります。

2014年には、チェコのガラスメーカー「ラビット」から「クリスタルロック」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

クリスタルロック

「クリスタルロック」は、日中の点灯していない時でも、シレックスの光の多重反射と偏向よって、魅力的なクリスタル・ロックの表情を見せ、夜に点灯すると、内側の湾曲した表面に反射した光りの輝きやカットファセットによってフォームに投影した光によって、ダイナミックな光りで輝きます。

2015年に、イタリアの照明メーカー「アルテミデ」社から「リバーソー」ペンダントライトが発売された。フォルムの形状によって2種類あり、一つは「リバーソコニック」(下の写真)のペンダントライトです。

 

リバーソー

 

もう一つは、「リバーソーストリップ」(下の写真)のペンダントライトです。

 

リバーソーS

 

いずれも、ガラスのシェードのフォルムによって、拡散したやさしい光によって柔らかな雰囲気のあかり空間を演出します。

2015年に、スペインの照明メーカー「バイビア」社から「ノース」ペンダントライト(下の写真)が発売された。

 

ノース

「ノース」は、天井からほぼ目に見えないスチールケーブルを介して懸架されているライトで、釣竿のようなポールの使い勝手によって、他にフロアーランプ、ウォールランプなどのランプがあります。

2017年には、この「ノース」のシリーズとして、新たに電源コードがフロアースタンドのようになっているランプを発売されました。(下の写真)

 

ノース2017

 

天井から吊られているが、電源はポールを通って床に置かれた台座部分から出ているコードをコンセントに差し込むことで、電源が供給されます。

 

今回は、「アリック・レヴィ」HPを参考に紹介しました。

 

☆参考

 

 ★ヤマギワオンライン、バカラ、「トーチ」

 

 

ポール・クリスチャンセンの照明

  • 2018.04.16 Monday
  • 14:17

JUGEMテーマ:照明デザイナー

「ポール・クリスチャンセン」は、1947年にデンマーク・コペンハーゲンに生まれ、デンマーク王立アカデミーを卒業した。

1967年に、ペンダントライト「167」(下の写真)をデザインした。

それまでの直線的に折られていたシェードに対して、カーブを多用したシェードの最初のモデルと言われている。

 

167

 

1枚のプラスチックシートをひとつひとつ手で折りあげてできる美しいフォルムが魅力のランプは、すでに「レ・クリント社」において完成されていたが、カーブを多用したデザインのランプは彼がはじめてだった。

「レ・クリント社」では、1944年に建築家「コーエ・クリント」によってデザインされたペンダントランプ「101」(下の写真)があるが、すでにロングセラーになっている最も精細なフォルムのランプである。

 

Photo_2

 

「101」は、別名「フルーツランプ」と呼ばれている。「101」は、どの角度から見ても美しいフォムのランプである。

彼は、1969年からフリーランスデザイナーとして活躍し、同年に「レ・クリント社」のランプを手掛けた。

そして、1970には、ペンダントライト「170」をデザインした。

「170」シリーズは、3種類あり、それぞれにA〜Bの記号がつく。「170B」(下の写真)は、中間の大きなサイズのランプでである。

 

170

「170」は、曲線の波をさらに多く折重ねて複雑な曲線のフォルムのデザインである。

1971年には、ペンダントライト「171」をデザインした。このランプにもサイズによって種類があり、「170A」(下の写真)は、シリーズで一番小さいサイズのタイプである。

171

 

「171]は、曲線の波ではなく、立体的なカーブの重なりによったフォルムのデザインである。フォルムに曲線の柔らかさが加わっている。

今までのランプ同様、彼が編み出した複雑なカーブの組み合わせの高度なデザインを形にするためには、「レ・クリント社」の職人の技が必要不可欠であり、幸いした。

同じ、1972に、ペンダントライト「172」もデザインしている。

 

172a

このランプは、今までよりも波の曲線の重なりが大きなうねりのようなフォルムをしたランプであり、まるでミツバチの巣のようなフォルムをしている。

1973年ごろにデザインしたと思われるペンダントライト「173」(下の写真)は、今までとは違って、四角形のファルムを組合せて微妙な凹凸をつけていて、まるで日本の和風的なデザインのペンダントライトである。

17b

1974年には、「175」(下の写真)がデザインされ、折り重なるような曲線と彫刻のような滑らかなラインが特徴的である。

 

175b

 

1987年には、ロシア出身のデザイナー「ボリスベルリン」と「コンプレットデザイン」をデンマーク、コペンハーゲンに開設した。

代表作は、「カラバッシュ ペンダントランプP1 ゴールド」(下の写真)がある。

 

Photo_3

 

カルバッシュ(ひょうたん)型のオーガニックなフォルムに、特別なクロムラッカー仕上げを施して、つやつやの輝きを放ち、華やかな印象を与えている。

2003年にデザインされた「181」は、冒頭に紹介した「101」のフォルムを「ポール・クリスチャンセン」の新たな感性によってリデザインされた。

この「181」(下の写真)は、「コメット(彗星)」というニックネームが付いていて、縦長のデザインである。

 

181b

 

「コンプロットデザイン」の活動の幅は、インダストリアルから家具、グラフィックデザインに及びクリエイティブパートナーとして25年間、ファニチャーデザインにおけるトップランナーの地位を確立している。

 

今回は、「ル・クリント H・P」他を参照して紹介をしています。

 

今回は、ここまで!!


☆参考(レ・クリント…ヤマギワオンライン)

 

 ★「172B」

 

 ★「171A」

 ★「167」

 ★「175C」

 ★「181A」

トム・ディクソンの照明

  • 2018.02.25 Sunday
  • 17:41

JUGEMテーマ:照明デザイナー

 

1959年、北アフリカのチュニジアに生まれ、4歳でイングランドに移り、学生時代をロンドンで過ごした。ロンドンの「チェルシー・アート・スクール」に入学するが、バイク事故をおこして6ヶ月で退学した。ミュージシャンなどをしながら生計を立てていたが、再びバイク事故で断念した。この事故によって破損したバイクの修理をきっかけに独学で「プラスチック・バンパー技術」を習得し、この技術を活かして、廃品などでオブジェや家具を製作した。これがきっかけで、プロダクトデザイナーの道に進んだ。

1980年代の初頭に、ロンドンで始まったデザインムーブメント「クリエイティブ・サルベージ」の創立に参加し、これらの活動を通して創作をしていたら、「ジュリオ・カッペリーニ」に才能を見いだされた。

1991年に「カッペリーニ」社から「Sチェア」(下の写真)を発表した。

 

Sチェア

 

この椅子は、「MOMA(ニューヨーク近代美術館)」の永久コレクションとして選定されています。現在、素材を変えて販売されています。

1991年に、アトリエ「スペース」を設立し、1994年には、手ごろな価格のプロダクトを生産しようと「ユーロラウンジ」を設立した。

「ユーロラウンジ」から、1997年に「ジャックライト」(下の写真)を発表して、「ミレニアム・マーク賞」を受賞した。

 

ジャックライト

 

2002年に、「デビッド・ベグ」と共に「トム・ディクソンLtd」を設立し、ミラーを使った照明シリーズや、1点物のアート作品に近い斬新なプロダクトを発表して、メーカーのオーナーとしての地位を確立した。 

2003年に、ペンダントライト「ミラーボール」(下の写真)が発表された。

 

ミラーボール

この照明は、元々宇宙飛行士が着用する船外宇宙服のヘルメットからインスピレーションを受けてデザインされた。ポリカーボネートに金属膜を付着させ、鏡のようにしたことが、名称の由来にもなっていて、シルバーとブロンズの2種類に、2012年に、ゴールドが追加された。サイズは、3種類ある。

2005年に、ペンダントライト「コッパー」(下の写真)が発表された。

 

コッパ―

 

この照明は、専用モールド(型)で製作された美しい球体のシェードに高度な真空蒸着技術による塗装を施し、鏡面仕上げをした。
廻りの風景をシェードに映し出して、空間の中で存在感を放ちながら視覚的な軽快さを兼ね備えた照明で、彼の代表作の1つでもある。

2006年には、ペンダントライト「ビート・ファット」(下の写真)が発表された。

 

ビートファット

 

この照明は、アジアの伝統的な水差しや、シンプルで彫刻的な真鍮の調理なべに影響されてデザインされた。上の写真は、「ビート・ファット」である。 

「ビートライトシリーズ」には、「ワイド」、「トール」、「スタウト」、「ファット」の4つのフォルムがあります。(下の写真)

 

ビートファットシリーズ

 

それぞれに真鍮、ブラック、ホワイト、グレーの4色のカラータイプがあり、異なるフォルム、または同じフォルムのものを数灯組み合わせて使用することで、より印象的な空間を演出することもできる。

2008年には、ペンダントライト「プレストグラスボール」(下の写真)が発表された。

 

プレストグラスボール

 

この照明は、車のヘッドライトやガラスの絶縁体を生産する工場で製作されている プレストグラスの技術で製作されたペンダントライトである。厚みのあるガラスならではの風合いが魅力的な照明である。

2010年には、ペンダントライト「ヴォイド」(下の写真)が発表された。

 

ヴォイド

 

「ヴォイド」は、オリンピックのメダルにインスピレーションを受けて作られ、金属プレートを加工し、2つのパーツを組み合わせることで彫刻物のようなフォルムを作り出した。さらに、そのシェードの表面に周囲の光や景色が反射する事で不思議な構造物が浮遊しているようなように見える。

2010年に、ペンダントライト「エッチ」(下の写真)が発表された。

 

エッチ

 

この照明は、様々な構造物に見られる幾重にも繰り返された幾何学模様に光が遮られることによって生み出される陰影からインスピレーションを受けてデザインされた。厚さ0.4ミリの金属板をデジタルエッチング技術で加工し、その金属板を組み合わせることで、立体的なフォルムを形成しています。その後、材質を変えて4種類のライトを製作されています。

2012年には、ペンダントライト「ラスターフラット」(下の写真)が発表された。

 

ラスター

 

この照明は、孔雀の羽の模様、色合いからインスピレーションを受けてデザインされ、陶器のシェードを持つペンダントライトです。 そのシェードから放たれる玉虫色の光沢は鉱物や貴金属を含む特製ブレンドの釉薬を使用しています。写真中央の丸く平たいシェードが、「フラット」で、その他に長いの「ラウンド」、角の段が「スクエア」、台形の「ウェッジ」があります。

2013年に、ペンダントライト「セルショート」(下の写真)が発表された。

 

セルショート

 

この照明は、金属製のコーヒーフィルターからインスピレーションを受けて作られた。シャープなフォルムながらエッチングした真鍮のプレートから暖かな光を放ちます。器具の背の高さが長い「セルロング」もあります。

2014年に、ペンダントライト「ベル」(下の写真)が発表された。

 

ベル

 

この照明は、輝きを放つシェードから漏れる優しい光が特徴的なライトである。ミニマルなデザインながら、周囲の風景が鏡面仕上げのシェードに映し出されることで、設置された空間に視覚的アクセントを加えます。左側に、フロアーライト、右側にテーブルライトのシリーズの照明がある。
2016年に、ペンダントライト「カーブ」(下の写真)が発表された。

 

カーブペンダント

 

この照明は、エッチングを施したわずか0.4个離好謄鵐譽垢離廛譟璽箸料箸濆腓錣擦砲茲辰 カーブの形状をなしている。柔らかな洋白のコーティングが施された金属の表面には小さな穴があけられ、近未来的なフォルムながらも、優美な光を放ちます。

2016年、ペンダントライト「ストーン」(下の写真)が発表された。

 

ストーン

 

「ストーン」は、重厚感のある大理石から透過する光が優美なペンダントライトである。白い大理石と透明なガラスの二つの素材を通して放たれる光のコントラストが楽しめるエレガントなたたずまいの照明です。

 

今回は、「トム・ディクソンHP」他を参考に紹介しました。

 

今回は、ここまで!!

 

☆参考

 

新しい60Wペンダントライトレトロビンテージトム・ディクソンデザインブラック/ホワイトB型カフェゲームルームレストランのペンダントランプ、110-120v黒

 

Tom Dixon Beat Light Fat White トム・ディクソン ビートライトファット ホワイト 771BLS02WH デザイナーズ照明 おしゃれ ペンダントライト 店舗用 カフェ用 ダイニング用 インテリア

 

 

Tom Dixon Beat Light Wide White トム・ディクソン ビートライトワイド ホワイト 771BLS01WH デザイナーズ照明 おしゃれ ペンダントライト 店舗用 カフェ用 ダイニング用 インテリア

 

Tom Dixon Beat Light Tall White トム・ディクソン ビートライトトール ホワイト 771BLS03WH デザイナーズ照明 おしゃれ ペンダントライト 店舗用 カフェ用 ダイニング用 インテリア

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ヤマギワの照明

ルームズ大正堂

楽天おすすめ商品

北海道小樽のスイーツ ルタオ

JALパック JALSKI

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM