アルネ・ヤコブセンの照明

  • 2016.02.22 Monday
  • 17:54
JUGEMテーマ:インテリアデザイン

今回は、アルネ・ヤコブセンの照明を紹介いたします。
アルネ・ヤコブセンは、デンマークの建築家で、デザイナーで、20世紀モダニズムを代表する建築家ル・コルビュジエなどの影響を受けている建築家の一人です。
彼は、1902年にデンマークのコペンハーゲンで生まれ、王立芸術アカデミーで建築を学び、1929年に「未来の家」という円形住宅を発表して以来、建築を中心に活動する一方でインテリアや家具、照明などのデザイン活動よってデンマークのミッドセンチュリーモダンを主導した。彼は、設計した建物に合わせて家具・照明などをデザインしています。
1956年に、デンマークのコペンハーゲンに近い都市ロドオウア市に建設された「ロドオウア市庁舎」(下の写真)を設計した。

ロドオウア市庁舎

この建物のためにデザインした照明が「AJエクリプタ(2012年AJディスカスの名称から変更)」(下の写真)のウォールライトです。

AJエクレプタ

この照明は、中央部のなだらかな膨らみを持たせた三層吹きガラスが、前方に拡散した光を放射し、壁の後方にも光を放して器具全体を光で柔らかく包み込んでいます。そして、エッジのほのかな光が照明の輪郭をはっきりと表しています。この照明は、天井にも取り付けることが出来ます。
1957年に、デンマーク、ロドオウアに建てられた「ムンゲゴー小学校」(下の写真)を設計した。

ムンゲゴー小学校

この小学校のために、デザインされた照明が「ムンゲゴー」(下の写真)です。

ムンゲゴー

この「ムンゲゴー」は寸法の異なるタイプと、「ムンゲゴーミニ」、「ムンゲゴーメガ」と形状が異なるタイプがあります。
1960年には、コペンハーゲンに建てられた「SASロイヤルホテル」(下の写真)を設計しました。

SASロイヤルホテル

このホテルのためにデザインしたのが「AJロイヤル」(下の写真)のペンダントライトです。

AJロイヤル

半球のシェードに反射した反射光と直接光が下面を照らし、スリットからこぼれた光が天井を照らして趣のある空間を演出します。
その他に、テーブルライトとしての「AJテーブル」(下の写真)があります。

AJテーブル

このシリーズには、フロアーライト、ブラケットライトなどがあります。これらの照明に興味のある方は、「ルイス・ポールセンH・P」をご覧ください。

今回は、「Wikipedia」、「ルイス・ポールセンH・P」、「ヤマギワH・P」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考

「AJロイヤル」



「AJテーブルライト」



「AJフロアーライト」



「AJエクリプタ」

【正規品】【送料無料】★ルイスポールセン(louis poulsen)ウォールランプ【AJ エクリプタ/φ220 白熱電球(ミニクリプトン)(AJ Eklipta)】



PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ヤマギワの照明

ルームズ大正堂

楽天おすすめ商品

北海道小樽のスイーツ ルタオ

JALパック JALSKI

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM