有機EL照明その2

  • 2018.10.21 Sunday
  • 14:58

JUGEMテーマ:ニュース

 

前回に引き続き、「有機EL照明器具」の紹介を行います。

 

2011年頃から「有機EL照明パネル」を展示会を通して発表しているメーカー等は多いが、「有機EL照明器具」を量産販売しているメーカーはまだまだ少ないのが現状である。そんな中において確実に量産販売、又はする予定のメーカーの商品を紹介します。

 

最初に、「財経新聞」に「照明⽤有機ELパネル専業の「ルミオテック」は、2011年の9月1日から、ポータブルタイプと卓上タイプの2種類の有機LE照明器具の量産で販売することになったが、商業販売は世界で初めてである。」と紹介された「ルミオテック」の製品を紹介します。

 

1、「ルミオテック」

 

「ルミオテック」の「有機EL照明パネル」は、2011年1月に世界初の量産製品として発売して、正方形3種類(145亞僉97.6亞僉44.7亞僉砲斑産形1種類(287×74弌砲如△修譴召譴謀典綽Аη鮨Аγ詛鮨Г3種類を取り揃えていた。

 

 

しかし、2018年3月の時点でこれらの「有機EL照明パネル」の生産は中止し、現在は在庫のみの販売となっている。

 

そして、2011年9月から「有機EL照明器具」として量産販売した製品は、現在も販売されていて、それが「財経新聞」に記載された「ハンガー」と「ヴァニティ」である。

 

○「ハンガー」

 

「ハンガー」は、それこそハンガーのようなフックを備え、吊り下げ形の「有機EL照明」で、薄型の有機EL光源の特徴を生かして、本体サイズも152×267×3个犯鷯錣貿くなっている。調光することも可能であり、パネルの色も8種類取り揃えている。

 

ハンガー

 

○「ヴァニティ」

 

「ヴァニティ」は、卓上に置いて使用する「有機EL照明」で、パネル部は回転し、調光スイッチも内蔵している。

 

ヴァニティ

 

次に、照明器具やフォトフレーム、インテリア雑貨などの企画、製造、販売を行っている「キシマ」の量産販売している商品を紹介します。

 

2、「キシマ」

 

「キシマ」が、「キシマ」の照明器具開発を「住友化学」の有機EL技術と「SOU DESIGN」のデザインを組み合わせて、新しい照明の形を目指した合同プロジェクト「RE-EL」を立ち上げて、「Gassho Light」と「Frame Light」を製品の販売を決定した。

 

○「Gassho Light」

 

「Gassho Light」は、ベットサイドランプであり、眩しさがなく、ブルーライトがないことで眠りの妨げにならない照明である。三角の形状をしていて、読みかけの本を置くと屋根のようになり、パーツを使えば眼鏡や携帯電話を置くことが出来るようになっている。

 

合掌2

 

○「Frame Light」

 

「Frame Light」は、スタンドライトであり、広く有機ELの特徴や特性をわかりやすく伝えるためにシンプルなデザインのライトである。

 

フレーム


これらに関しては、今後、「キシマ」が運営する直営小売店「Ampoule(アンプール)」で販売予定である。

 

この他に、量産販売しているメーカーは、見つからないのでが現状であり、「有機ELパネル」企画販売か、試作品段階、又は展示品としての段階にいる。この「有機EL照明」の課題は、製品コストが高いことにある。

 

現在、「有機ELパネル」の企画販売は、「パイオニア」のように受注販売をしている。

 

※「パイオニア

 

「パイオニア」の店舗企画販売の実施例が、「そごう横浜店」の「有機EL照明」である。

 

パイオニア1
そごう横浜店「ソゴウキレイ ステーション」

「そごう横浜店」で使用したパネルは、「有機EL照明パネルモジュール」である。

 

パイオニア2

 

その他に「パイオニア」は、「東急不動産」の賃貸オフィスビル「新青山東急ビル」(2015年1月末竣工)の11階女子トイレのパウダーコーナーに、「調色・調光型有機EL照明」が採用された。

 

パイオニア3

 

鏡の裏に組み込まれた、24枚の「調色・調光型有機EL照明」が、人感センサーと連動して、カラー演出モードで点灯します。

 

パイオニア4

鏡の前に立ち、手元のボタンを操作すると、「お化粧用の光」「オフィスでの見栄えチェック」「レストランでの見栄えチェック」の色温度で点灯して利用できます。

 

「パイオニア」では、「有機EL照明」に対してのコンセプトを動画で紹介していますので、参考にご覧ください。

 

 

「パイオニア」は、「有機EL照明(OLED)の新たな価値を 私たち「パイオニア」は、長年に亘る有機ELの研究開発をとおし、 光の価値をリデザインし、人の感性に寄り添った"新たな価値"を考えてきて、 テーマは"有機EL照明"が身近にある暮らしを 共にその価値を導き、創りだしていきませんか?」と問いかけている。

 

このように、店頭企画販売やショールーム展示などの段階に現在あるが、いずれ技術革新などによって生産コストが下がることで、量産販売する製品が多くなり、製造販売するメーカーも増えてくる可能性はあると思われる。

 

今回は、「ルミオテック」、「キシマ」、「パイオニア」HP他を参考に紹介しました。

 

 

☆参考

 

○デスクスタンド「スカイ」   ○デスクライト       ○有機EL照明   

          

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.04.13 Monday
  • 14:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    ヤマギワの照明

    ルームズ大正堂

    楽天おすすめ商品

    北海道小樽のスイーツ ルタオ

    JALパック JALSKI

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM